MENU

まつ毛をあげない方が可愛い人に共通する3つの顔の特徴

  • URLをコピーしました!

一般的には、まつ毛をあげた方が可愛いイメージがありますが、まつ毛をあげない方が可愛い人もいます。まつ毛をあげない方が可愛い人には共通する3つの顔の特徴があります。

その特徴とは、

  1. 顔の形が面長(おもなが)
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛の量が多い

このうちのどれか一つでも当てはまる人は、まつ毛をあげない方が可愛い人が多いです。

この記事では、まつ毛をあげない人に共通する3つの顔の特徴のほか、まつ毛をあげないからこそできるメイク術などお伝えしています。

目次

まつ毛をあげない方が可愛い人に共通する3つの顔の特徴

  1. 顔の形が面長(おもなが)
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛の量が多い

1.顔の形が面長(おもなが)

顔の形が面長(おもなが)な女性は、まつ毛をあげない方が可愛いタイプに当てはまります。

面長タイプの女性は、顔立ちがハッキリしているため、上まつ毛をあげると面長が強調されてしまいがちです。一方で、面長タイプの女性は大人っぽく見えて穏やかで優しそうな印象を与えます。そのため、まつ毛をあげないほうが面長タイプの特徴である大人っぽさや穏やかで優しそうな雰囲気を活かせます。

女性芸能人で例えると、綾瀬はるかさんが挙げられ、面長にも関わらず非常に可愛らしい顔立ちで、大人っぽさや穏やかで優しそうな雰囲気を持っています。

2.目力が強い

目力が強い女性も、まつ毛をあげない方が可愛いタイプに当てはまります。

目力が強い女性は、目と瞳が大きくてハッキリした顔立ちなので、まつ毛をあげて目元を強調する必要がありません。そのため、まつ毛をあげなくても、可愛らしい印象を与えます。

女性芸能人で例えると、柴咲コウさんや米倉涼子さんなどが挙げられ、目力が強くても可愛らしい顔立ちです。

3.自まつ毛の量が多い

自まつ毛の量が多い人も、まつ毛をあげないほうが可愛いタイプに当てはまります。

自まつ毛の量が多い女性は、まつ毛が多いだけでアイライン効果があります。そのため、まつ毛をあげなくても目をパッチリさせ可愛らしい印象を与えます。

女性芸能人で例えると、石原さとみさんが挙げられ、まつ毛をあげなくても目がパッチリしていて可愛いです。

まつ毛をあげないメリット

  1. メイクの時間短縮ができる
  2. まつ毛に負担がかからない
  3. メイクが崩れにくい

1.メイクの時間短縮ができる

まつ毛をあげなければ、メイクの時間短縮ができます。

まつ毛をあげる時には、ビューラー⇒カールをキープするための下地作り⇒乾いたらマスカラを塗る工程がありますが、早い人でも10分はかかります。まつ毛をあげなければ、最低でも10分以上メイクの時間短縮ができ、別の作業や睡眠などに時間を割くことができます。

2.まつ毛に負担がかからない

まつ毛をあげなければ、まつ毛に余計な負担がかかりません。

なぜなら、毎日ビューラーをかける必要がなくなるからです。毎日ビューラーを使うと、まつ毛に負担がかかるので傷みやすいです。ビューラーだけでなく、まつ毛パーマやマツエクを付けている場合は、尚更まつ毛を傷めてしまいます。

まつ毛をあげなければ、ビューラーやまつ毛パーマ、マツエクなどが不要になるので、まつ毛に余計な負担をかけずに済み、まつ毛美容液などでケアしなくても健康的なまつ毛を維持することができます。


3.メイクが崩れにくい

まつ毛をあげなければ、メイクが崩れにくいです。

なぜなら、カールやマスカラをあまり付けないからです。まつ毛をあげていると、湿気や外風などの影響でカールやマスカラが取れやすくなりメイクが崩れやすいですが、まつ毛をあげなければ影響を受けません。

よって、まつ毛をあげなければメイク直しをする時間も短縮でき、お昼休みなど自由な時間が増えて、メイクが崩れるストレスも軽減できます。

まつ毛をあげないデメリット

  1. アイメイクに物足りなさ/不足感を感じる
  2. パンダ目になりやすい
  3. 濃いメイクが合わない

1.アイメイクに物足りなさ/不足感を感じる

今までビューラーやまつ毛パーマ、マツエクをしていた人にとっては、アイメイクに物足りなさや不足感を感じる人が多いです。

まつ毛をあげないメイクは、まつ毛のボリュームが減ったり、まつ毛を上げることでパッチリさせていた目元ではなくなるため、アイメイクに物足りなさや不足感を感じます。

2.パンダ目になりやすい

まつ毛をあげないメイクは、パンダ目になりやすいです。

パンダ目とは、アイメイクが崩れて目の下が黒くなっている状態を指しますが、目の周りが黒くなるので体調が悪そうな顔になってしまう危険性があります。

まつ毛をあげないメイクをすると、下まつ毛にマスカラを塗る機会が増えるので、パンダ目になりやすいです。特に、涙や皮脂に弱いマスカラを塗るとパンダ目になりやすいので、必ず涙や皮脂に強いマスカラを選びましょう。

3.濃いメイクが合わない

まつ毛をあげないメイクは、濃いメイクが合いません。

まつ毛をあげない人は、ナチュラルメイクが似合うからです。そのため、太めのアイラインや明るいマスカラを使った濃いメイクが合いません。

まつ毛をあげないメイクには、細めのアイラインとマスカラより目立たないブラウン色がとても似合います。

まつ毛をあげないからこそできるメイク術

まつ毛をあげないからこそできるメイク術のポイントは、まつ毛の長さを強調することです。

まつ毛の長さを強調することで、まつ毛をあげないメイクの魅力である優しい雰囲気と大人の色気を最大限に引き出すことができます。

そこで、まつ毛の長さを強調するためのメイクポイントを4つ紹介します。

  1. ロングタイプのマスカラを使う
  2. マスカラ色はブラウン系
  3. アイシャドウはラメ入りのものを使う
  4. アイラインは細く引く

1.ロングタイプのマスカラを使う

まつ毛を長く見せるために、ロングタイプのマスカラを使いましょう。

ロングタイプのマスカラは、マスカラの先端部位の繊維がまつ毛に絡みやすいように作られています。その繊維が、まつ毛に絡むことで、まつ毛が長く見えるため、まつ毛の長さを強調できます。

2.マスカラはブラウン色を使う

マスカラの色はブラウン系を使いましょう。

ブラウン色は、やさしい目元を一番作りやすい色なので、まつ毛をあげないメイクの魅力である優しい雰囲気と大人の色気を最大限に引き出してくれます。

また、マスカラでブラウン色を使う際には、アイラインの色もブラウンに合わせるのがおすすめです。マスカラとアイラインの色を統一させることで、アイメイクに一体感が生まれ、よりキレイに仕上がります。

3.アイシャドウはラメ入りのものを使う

アイシャドウは、ラメ入りのものを使いましょう。

ラメが入っているものを使うと、目元を立体的に魅せることができ、華やかさも出るので、大人の色気を引き出してくれます。

ただし、ラメ入りの濃いアイシャドウを使うと、相手にキツイ印象を与えてしまい、まつ毛をあげないメイクの魅力が引き出せないので、肌馴染みの良い色のアイシャドウを使いましょう。

4.アイラインは細く引く

アイラインは、できるだけ細く引きましょう。

アイラインは目尻からできるだけ細く引くと目元が綺麗に見えます。アイラインを太く引いてしまうと、目元が強調され過ぎてしまうので、まつ毛をあげないメイクには合いません。

なので、まつ毛をあげないメイクには、極細のアイライナーがおすすめです。

自まつ毛の量を増やすことは誰でも簡単にできる!

3つの顔の特徴で、自まつ毛の量を増やすことは誰でも簡単にできます。

自まつ毛の量を増やす方法は、まつ毛育毛剤を使うことです。

まつ毛育毛剤には、医学的に唯一まつ毛の発毛効果が認められているビマトプロストという成分が入っています。ビマトプロストを4カ月間使用し続けた結果、約8割の方がまつ育効果を実感されています。

まつ毛美容液にまつ毛を生やす効果は無し

まつ毛美容液の広告などで、いかにもまつ毛が生えるかのように書いているものがありますが、まつ毛美容液にまつ毛を生やす効果はありません。

なぜなら、まつ毛美容液にはまつ育効果が唯一認められているビマトプロストという成分が含まれていないからです。ビマトプロストは医薬品なので、医師の処方が必要となるため、市販されているまつ毛美容液には配合できないのです。

したがって、ビマトプロストが配合されていないまつ毛美容液には、まつ毛が生える効果はありません。

まつ毛育毛剤は病院やクリニックでのみ入手可能

まつ毛育毛剤は、まつ毛美容液とは異なり医薬品なので、病院やクリニックでしか入手できません。そのため、一般的には病院まで足を運んで診察を受けなければなりませんが、最近ではオンラインで受診ができます。

ですが、クリニックフォアならスマホまたはパソコンで簡単にオンライン予約と診察を受けれます。さらに、最短で翌日にまつ毛育毛剤を自宅まで届けてくれるので、病院まで足を運ばずとも簡単に入手できるのでおすすめです。

まとめ

まつ毛をあげないほうが可愛い人の顔の特徴3つ

  1. 顔の形が面長(おもなが)
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛の量が多い

についてお伝えしました。

3つの特徴にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、せっかくなので、できるだけメリットを生かして可愛くなりたいです。

ただし、自まつ毛の量を増やすことに関しては、まつ毛育毛剤さえ使えば誰でもできます。まつ毛育毛剤は、病院やクリニックでしか入手できませんが、クリニックフォアであれば、スマホやパソコンで簡単に診察ができて最短で翌日にはまつ育ができます。

この機会にぜひ一度、まつ育をしてまつ毛をあげないメイクを楽しんでみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次