MENU

まつ毛パーマの施術中に目がしみる!痛い思いをしないための対策方法

  • URLをコピーしました!

まつ毛パーマの施術中に、パーマ液が目に入ったりまつ毛の根元まで垂れてくると目がしみます。

この記事では、サロンでまつ毛パーマの施術を行う際に、施術中に目がしみないための対策方法をお伝えしています。

これからサロンでまつ毛パーマをかける予定の人は、目がしみて痛い思いをしないためにもぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

まつ毛パーマの施術中に目がしみる!痛い思いをしないための対策方法

  • 寝る時のように自然に目をつぶる
  • まつ毛を長く育てておく

寝る時のように自然に目をつぶる

寝る時のように自然に目をつぶると、まつ毛パーマ液が目に入ってこないので目にしみません。

まつ毛パーマの施術中に、目を少し開けている人や強く目をつぶってしまう人がいます。目を少しでも開けてしまうと、まつ毛パーマ液が目に入りやすくなってしまいます。また、目を強くつぶってしまうと、目を緩めた際に反動で目が少し開き、まつ毛パーマ液が目に入ってしまいます。

なので、まつ毛パーマの施術時は、寝る時のように自然に目をつぶって施術を受けましょう。

まつ毛を長く育てておく

まつ毛パーマをかける前に、まつ毛をできるだけ長く育てておきましょう。まつ毛が長い分、まつ毛パーマ液を塗れる面積が広くなるため、パーマ液が目に入りにくくなります。

まつげパーマ液を塗れる面積が広いほうが、施術者側も塗りやすく失敗しにくい環境を作ることができるので、まつ毛パーマをかける前に、まつ毛を長く育てておきましょう。

まつ毛を長く育てるためには、まつ毛美容液ではなくまつ毛育毛剤がおすすめです。ただし、まつ毛育毛剤は、市販では購入できず、病院やクリニックでのみ購入可能です。

まつ毛育毛剤は、病院やクリニックで診察しなければ入手できないため少し手間がかかります。しかし、クリニックフォアであれば、直接病院に足を運ばず、PCまたはスマホさえあれば、ネットで簡単に予約と診察ができ、最短6分で終わります。さらに、最短翌日でまつ毛育毛剤が届くので、すぐに効果の高いまつ毛育毛ができるのでおすすめです。

目がしみる/痛いと感じた時はすぐに伝える

まつ毛パーマの施術中に目がしみたり痛いと感じた時は、施術担当者にすぐに伝えましょう。

万が一、まつ毛パーマの施術中に目に支障をきたした場合、まつ毛パーマを行ったサロン側に責任を問うことができます。しかし、施術を行ってから時間が経ってしまうと、目の支障の原因がまつ毛パーマ以外にも考えられてしまう為、責任を問えない場合があります。

責任を問えない場合、治療費など全て自腹になってしまうため、必ずその場ですぐに伝えましょう。

まとめ

まつ毛パーマをかける時に目がしみない方法は、

  1. 寝る時のように自然に目をつぶる
  2. まつ毛を長く育てておく

の2点です。

目を少しでも開けたり、目を強くつぶってしまうとパーマ液が目に入ってしまうので、寝る時のように自然に目をつぶりましょう。

また、まつ毛を長く育てておくことでパーマ液が目に入りにくくなります。

クリニックフォアであれば、直接病院に足を運ばず、PCまたはスマホさえあれば、ネットで簡単に予約と診察ができ、最短6分で終わります。さらに、最短翌日でまつ毛育毛剤が届くので、すぐに効果の高いまつ毛育毛ができるのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次