MENU

まつ毛をあげない方が可愛い人もいる!共通する3つの特徴

  • URLをコピーしました!

一般的にはまつ毛をあげた方が可愛いイメージがありますが、まつ毛をあげない方が可愛い人もいます。

これから紹介する3つの特徴のうち、1つでも当てはまる人はまつ毛を上げない方がいいタイプです。

  1. 目の面積が大きい
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛が長い・量が多い

この記事では、まつ毛をあげない方が可愛い/似合う人に共通する3つの特徴について詳しく解説していきます。

自分はまつ毛を上げない方がいいのではないかと思っている人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

まつ毛をあげない方が可愛い/似合う人に共通する3つの特徴

  1. 目の面積が大きい
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛が長い・量が多い

1.目の面積が大きい

目の面積が大きい人は、まつ毛をあげない方がいいタイプに当てはまります。

そもそもまつ毛をあげる目的は、目をパッチリさせて大きく見せることです。

そのため、元々目の面積が大きい人がまつ毛をあげるとさらに目が大きく見えてしまうため、目と顔とのバランスが崩れて不自然に見えたり、相手に怖い印象を与えてしまいます。

なので、目の面積が大きい人は、まつ毛をあげない方が自分の魅力を活かしやすいです。

※目の大きさの判断基準について

日本人女性の目の幅(目の横の大きさ)の平均は約2.7~3.0㎝程度で、目の縦の大きさの平均は1.0㎝程度です。

また、「目が大きい」と言われる人の平均サイズは横が3.3㎝、縦が1.5㎝程度で、「目が小さい」と言われる人の平均サイズは横が2.5㎝、縦が0.7㎝程度と言われています。

2.目力が強い

目力が強い女性も、まつ毛をあげない方がいいタイプに当てはまります。

目力が強い女性は、目と瞳が大きくてハッキリした顔立ちなのでまつ毛をあげてしまうと、さらに目力が強くなってしまうため、相手に怖い印象を与えてしまいます。

なので、自分自身の意見も含め、家族や友人など周りの人から目力が強いと言われる人は、まつ毛をあげない方がいいタイプに当てはまります。

3.自まつ毛が長い・量が多い

自まつ毛が長い・量が多い人も、まつ毛をあげないほうがいいタイプに当てはまります。

自まつ毛が長い・量が多いだけでアイライン効果があるため、まつ毛をあげなくてもアイライン効果によって目元が強調されています。

ちなみに、自まつ毛を伸ばしたい・量を増やしたい方は、まつ毛専用の「育毛剤」を使えば長くてボリュームのある自まつ毛を育てることができます。

クリニックフォアなら初回2,178円(税込)で育毛剤をお試しできるので、自まつ毛を伸ばしたい・増やしたい方は、試してみる価値ありです。

『クリニックフォア公式サイト』

まつ毛をあげない方がいい人は「すだれまつげ」が似合う顔でもある

まつ毛をあげない方がいい人は、今流行りの「すだれまつ毛」が似合う顔のタイプでもあります。

すだれまつ毛とは、本来の毛流れを活かした下向きまつげのこと。ビューラーで上向きにカールを付けないため、まつげが目元にかかるのが特徴。

Raxy style

すだれまつ毛は、伏し目になった時にまつ毛の長さが強調されて、大人な落ち着いた優しい表情を演出できます。

まつ毛を上げない「すだれまつ毛」の芸能人3選

  • 石原さとみさん
  • 蒼井優さん
  • 小松奈々さん

石原さとみさん

男女ともに人気の高い石原さとみさん。

デビューしたての頃はまつ毛をあげて目元をパッチリさせていましたが、現在はまつ毛をあげない「すだれまつ毛」によって大人な落ち着いた美しさが出ています。

蒼井優さん

可愛いだけでなく演技派としても実力が高い蒼井優さん。

蒼井優さんもまつ毛をあげない「すだれまつ毛」の女優さんです。

蒼井優さんは自まつ毛が長いため、目元の存在感が出ており、落ち着いた自然な美しさが出ています。

小松奈々さん

可愛さと美しさの中にミステリアスな雰囲気も持っている小松奈々さん。

小松奈々さんもまつ毛をあげない「すだれまつ毛」の女優さんです。

まつ毛をあげないからこそ得られるメリット3つ

  1. メイクの時間短縮ができる
  2. まつ毛に負担がかからない
  3. メイクが崩れにくい

1.メイクの時間短縮ができる

まつ毛をあげなければ、メイクの時間短縮ができます。

まつ毛をあげる時には、ビューラー⇒カールをキープするための下地作り⇒乾いたらマスカラを塗る工程がありますが、早い人でも10分はかかります。

まつ毛をあげなければ、最低でも10分以上メイクの時間短縮ができ、別の作業や睡眠などに時間を割くことができます。

2.まつ毛に負担がかからない

まつ毛をあげなければ、まつ毛に余計な負担がかかりません。

なぜなら、毎日ビューラーをかける必要がなくなるからです。毎日ビューラーを使うと、まつ毛に負担がかかるので傷みやすいです。ビューラーだけでなく、まつ毛パーマやマツエクを付けている場合は、尚更まつ毛を傷めてしまいます。

まつ毛をあげなければ、ビューラーやまつ毛パーマ、マツエクなどが不要になるので、まつ毛に余計な負担をかけずに済み、まつ毛美容液などでケアしなくても健康的なまつ毛を維持することができます。


3.メイクが崩れにくい

まつ毛をあげなければ、メイクが崩れにくいです。

なぜなら、カールやマスカラをあまり付けないからです。まつ毛をあげていると、湿気や外風などの影響でカールやマスカラが取れやすくなりメイクが崩れやすいですが、まつ毛をあげなければ影響を受けません。

よって、まつ毛をあげなければメイク直しをする時間も短縮でき、お昼休みなど自由な時間が増えて、メイクが崩れるストレスも軽減できます。

まつ毛をあげないことで生じるデメリット3つ

  1. アイメイクに物足りなさ/不足感を感じる
  2. パンダ目になりやすい
  3. 濃いメイクが合わない

1.アイメイクに物足りなさ/不足感を感じる

まつ毛をあげないと、アイメイクに物足りなさや不足感を感じやすいです。

特にこれまでビューラーやまつ毛パーマ、マツエクなどをしてきた人たちにとっては、パッチリ目からすっぴんに近い落ち着いた目元に変わるため、特にアイメイクに物足りなさや不足感を感じやすいです。

2.パンダ目になりやすい

まつ毛をあげないメイクは、パンダ目になりやすいです。

パンダ目とは、アイメイクが崩れて目の下が黒くなっている状態を指します。目の周りが黒くなるので体調が悪そうな顔になってしまう危険性があります。

まつ毛をあげないメイクをすると下まつ毛にマスカラを塗る機会が増えるため、特に汗をかきやすい人はマスカラが滲みパンダ目になりやすいです。

特に、涙や皮脂に弱いマスカラを塗るとパンダ目になりやすいので、必ず涙や皮脂に強いマスカラを選びましょう。

3.濃いメイクが合わない

まつ毛をあげないと、濃いメイクが合わなくなります。

まつ毛をあげないと目元を強調しなくなるため、濃いメイクをすると顔全体と目元のバランスが不自然になってしまいます。

そのため、太めのアイラインや明るいマスカラを使った濃いメイクなどが合わなくなります。

ちなみに、まつ毛をあげないメイクには細めのアイラインやマスカラより目立たないブラウン色がとても似合います。

まつ毛をあげないメイクポイント|まつ毛の長さを強調すること

まつ毛をあげないからこそできるメイクポイントは、まつ毛の長さを強調することです。

まつ毛の長さを強調することで、優しい雰囲気と大人の色気を最大限に引き出すことができます。

そこで、まつ毛の長さを強調するためのメイクポイントを4つ紹介します。

  1. ロングタイプのマスカラを使う
  2. マスカラ色はブラウン系
  3. アイシャドウはラメ入りのものを使う
  4. アイラインは細く引く

1.ロングタイプのマスカラを使う

まつ毛を長く見せるために、ロングタイプのマスカラを使いましょう。

ロングタイプのマスカラは、マスカラの先端部位の繊維がまつ毛に絡みやすいように作られています。その繊維が、まつ毛に絡むことで、まつ毛が長く見えるため、まつ毛の長さを強調できます。

2.マスカラはブラウン色を使う

マスカラの色はブラウン系を使いましょう。

ブラウン色は、やさしい目元を一番作りやすい色なので、まつ毛をあげないメイクの魅力である優しい雰囲気と大人の色気を最大限に引き出してくれます。

また、マスカラでブラウン色を使う際には、アイラインの色もブラウンに合わせるのがおすすめです。マスカラとアイラインの色を統一させることで、アイメイクに一体感が生まれ、よりキレイに仕上がります。

3.アイシャドウはラメ入りのものを使う

アイシャドウは、ラメ入りのものを使いましょう。

ラメが入っているものを使うと、目元を立体的に魅せることができ、華やかさも出るので、大人の色気を引き出してくれます。

ただし、ラメ入りの濃いアイシャドウを使うと、相手にキツイ印象を与えてしまい、まつ毛をあげないメイクの魅力が引き出せないので、肌馴染みの良い色のアイシャドウを使いましょう。

4.アイラインは細く引く

アイラインは、できるだけ細く引きましょう。

アイラインは目尻からできるだけ細く引くと目元が綺麗に見えます。アイラインを太く引いてしまうと、目元が強調され過ぎてしまうので、まつ毛をあげないメイクには合いません。

なので、まつ毛をあげないメイクには、極細のアイライナーがおすすめです。

自まつ毛の量を増やすことは誰でも簡単にできる!

まつ毛をあげない方がいい人の3つの特徴の中でも、自まつ毛の量を増やすことは誰でも簡単にできます。

自まつ毛の量を増やす方法は、まつ毛育毛剤を使うことです。

まつ毛育毛剤には、医学的に唯一まつ毛の発毛効果が認められているビマトプロストという成分が入っています。ビマトプロストを4カ月間使用し続けた結果、約8割の方がまつ育効果を実感されています。

まつ毛美容液にまつ毛を生やす効果は無し

まつ毛美容液の広告などで、いかにもまつ毛が生えるかのように書いているものがありますが、まつ毛美容液にまつ毛を生やす効果はありません。

なぜなら、まつ毛美容液にはまつ育効果が唯一認められているビマトプロストという成分が含まれていないからです。ビマトプロストは医薬品なので、医師の処方が必要となるため、市販されているまつ毛美容液には配合できないのです。

したがって、ビマトプロストが配合されていないまつ毛美容液には、まつ毛が生える効果はありません。

まつ毛育毛剤は病院やクリニックでのみ入手可能

まつ毛育毛剤は、まつ毛美容液とは異なり医薬品なので、病院やクリニックでしか入手できません。そのため、一般的には病院まで足を運んで診察を受けなければなりませんが、最近ではオンラインで受診ができます。

クリニックフォアならスマホまたはパソコンで簡単にオンライン予約と診察を受けれます。さらに、最短で翌日にまつ毛育毛剤を自宅まで届けてくれるので、病院まで足を運ばずとも簡単に入手できます。

まとめ

まつ毛をあげないほうが可愛い人の顔の特徴についてお伝えしてきました。

まとめると、

  1. 目の面積が大きい
  2. 目力が強い
  3. 自まつ毛が長い・量が多い

の3つの特徴がある人は、まつ毛をあげないほうが可愛いタイプに当てはまります。

3つの特徴にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、せっかくなので、できるだけメリットを生かして可愛くなりたいです。

ただし、自まつ毛の量を増やすことに関しては、まつ毛育毛剤さえ使えば誰でもできます。まつ毛育毛剤は、病院やクリニックでしか入手できませんが、クリニックフォアであれば、スマホやパソコンで簡単に診察ができて最短で翌日にはまつ育ができます。

この機会にぜひ一度、まつ育をしてまつ毛をあげないメイクを楽しんでみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次